トップページ >> 企業情報一覧(その他の製造業) >> 株式会社報徳黒板製作所

株式会社報徳黒板製作所

会社概要

事業所名
株式会社報徳黒板製作所
所在地
〒114-0012  東京都北区田端新町2丁目29番1号
連絡先
電話:03-3894-6608  FAX:03-3894-6618
E-mail
houtoku@triton.ocn.ne.jp
代表者
 広瀬 一
従業者数
6名
資本金
1,000万円
創業年
1930年3月10日
 

事業概要

業種
その他の製造業
主な製品技術
学校用黒板 ホワイトボード カラーマーカーボード 掲示板
設備
万能木工機(自動カンナ、手押しカンナ、丸鋸盤) 1台、集塵機 1台、卓上丸鋸 2台、電子鋸 1台、電気鋸 1台、攪拌機 1台
年商
3,500万円
主な取引先
小学校、中学校、高等学校、大学など
ISO他認定情報
JIS S6007:2010原案作成委員会会員
納期対応
学校用黒板は2週間以上
外注対応加工技術等
案内板等の図、文字、線入れ作業
自社の強みPR

昭和5年より続く、黒板製作の老舗。昔ながらの“へら塗り研ぎ出し黒板”の製作を行っています。

“へら塗り研ぎ出し黒板”は、専用の黒板塗料をへらを使ってムラなく伸ばしていきますが、いかに平らに塗れるかが腕の見せ所です。そして自然乾燥した後、表面を紙やすりで研いで、さらに平らに仕上げます。最後に化粧液塗り作業、自然乾燥を経て完成します。
機械で大量生産する焼き付け黒板が多い中、今もこうした工程を経て10日から2週間、職人の手作業でじっくり仕上げられます。

“へら塗り研ぎ出し黒板”は 、なんといっても、長く使えることが特徴。塗り替えができるので、古くなった黒板の再生が可能です。また、ごみにならずにリサイクルできます。

  • 黒板塗料を専用のへらでムラなく塗っていく黒板塗料を専用のへらでムラなく塗っていく
  • 昔ながらの研ぎ出し黒板は、塗り替えができ、再生が可能昔ながらの研ぎ出し黒板は、塗り替えができ、再生が可能
  • 手作りの看板が目を引く製作所手作りの看板が目を引く製作所